複数件の審査に同時に申込んだ場合について

「一度融資を申請したけれども審査に通らなかった」という人はわかると思いますが、金融会社の審査に通らなかった時のショックは大きいと思います。審査を受けるために準備した時間や手間は全て無駄になってしまいますし、借りられることを前提に立てていたその後の計画も狂ってしまいます。

 

さらに改めて別の金融会社に融資の申込みをすることになりますから、さらに必要になる時間や手間についても面倒だと感じるでしょうし、2回目の融資の申込についてもまた、前回の申込のように審査に通らず断られたらどうしようかと不安になることだと思います。

 

そのため断られた場合のことも考えて複数の金融会社に対して同時に融資を申し込むという人も多いのではないかと思うのですが、これについては注意が必要になります。2件程度同時に申し込むのであればともかく、4件以上同時に申込んだりすると逆に断られてしまう可能性が大きくなる場合があります。

 

申込のしすぎが原因で断られたという話はよく聞くと思いますが、なぜ同時に多くの申込をすると断られることになるのでしょうか。これに関して解説したいと思います。

 

申込をしすぎるとなぜ借りることができないのか

 

信用情報が融資の審査を行う時の一番重要なポイントになります。全ての信用情報は貸金業法の改正によって、CICとJICCという指定信用機関に登録されることになります。当然この2つの信用情報機関では情報が共有されています。

 

キャッシングの申込が行われた場合には、クレジットカード会社も信販会社も消費者金融もすべてこの指定情報機関の信用情報を調査するということが法律によって定められているのです。

 

キャッシングの申込が行われると、この信用情報機関には申込みがあったということが必ず登録されて、これについては常にリアルタイムで更新されています。

 

複数の業者に申し込み

 

ですからもしも1つの金融機関だけに融資を申込んだ場合には、この信用情報機関の情報を確認しても他に同じ日に申込んだ記録は出てきませんが、たとえば同時に4社に融資を申込んだ場合などでは、信用情報機関の情報を確認すると同じ日に複数の申込をしているということが業者側にわかってしまうのです。

 

お金を貸す側の立場から見れば、同時に複数の申込をしているというのはやはり悪印象ですね。

 

ちなみに融資の申込をしたという情報はリアルタイムですぐに信用情報機関の情報に反映されるのですが、実際に貸付を行った場合には金融機関が報告することになっているため、融資を行った翌日に報告して信用情報機関の情報に反映される場合が多いようです。

 

ですから審査をする側からすると、同じ日に複数件の融資を申込んでいることはわかるのですが、その結果についてはその日のうちにはわからないため、審査の際に「複数の申込をしているようですが、他の申込については融資が受けられましたか?」などと尋ねる場合もあるようです。



 


 




 

 






 

プロミス